老眼鏡とルーペは原理が違う

老眼鏡を人前で使うのは恥ずかしいからルーペ、いわゆる拡大鏡を利用する人が増えているようです。
しかしルーペは緊急的な対策に止めましょう。
つまりルーペは老眼鏡と原理が違うので、老眼の根本的な解決にはつながらないためです。
例えばルーペは、文字などを大きくするための道具です。
したがって小さい物が見えない?
若い人でも虫を観察する!針に糸を通す時などには有効です。
一方で老眼は焦点が合わない?現象です。
そのため矯正器具である老眼鏡の方が適しているのは明らかです。
またルーペは手で持つタイプがほとんどなのでぶれてしまい、今度は乱視を誘発するかもしれません。
もちろん固定式のルーペがあるのでしょうが、やはり拡大鏡に過ぎません。
言い換えるならルーペと老眼鏡は共用すべきなのです。
具体的には老眼鏡で焦点を合わせ、それでも細かくて判読できないならばルーペで拡大する!そういうやり方がベストです。
無理にルーペを使用し続けていると、頭痛や肩こり、場合によっては斜視を助長する危険があるので注意したいものです。
ちなみにルーペメガネが売られていますが、これはルーペを固定したものであり、老眼鏡ではないので誤解してはいけません。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP