若年性老眼について

多くの人たちは老眼が高齢者の病気である、老化現象のひとつである、そして老眼になると年をとった!と考えているようですが、人それぞれ老眼の現れ方に個人差があり、若くて老眼になる、いわゆる若年性老眼も知られています。
一般的に老眼は40歳代後半以降に自覚しやすいようですが、人間の眼は20歳を過ぎる頃から老化が始まるとされており、子供時代にパソコンやゲームなどで眼を酷使、または同じ焦点を続ける生活をしていると30歳代でも若年性老眼を発症することが稀ではないようです。
昨今は眼に負担を強いる環境が整っている?ので、将来的には若年性老眼が増加すると予測されています。
なお近眼や老眼などの視力障害は一度なってしまうと治らない!と思いがちですが、近眼と老眼はピントを合わせる働きをする毛様体筋の柔軟性が失われた状態なので、毛様体筋の機能を戻してあげれば、老眼などの症状を緩和させることが可能です。
若年性であれば訓練次第で自己治癒力が充分期待できるようです。
ただし日々継続してトレーニングする必要はありますが、若年性老眼の人は今後の人生を左右するので、眼に過酷な現状の生活を改め、視力回復に少しでも努めることが重要と言えるでしょう。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP