赤ちゃんのにきびケア

赤ちゃんの肌はすべすべで誰もが憧れますが、赤ちゃんとはいえ適切なスキンケアをしないとにきびができるなど皮膚疾患を引き起こすことが稀ではありません。
時に昨今はアトピー性皮膚炎が頻発しやすかったり、紙おむつの影響?から被れるケースが少なくないので、室内の乾燥を防ぎ保湿に努めるなど大人顔負けのケアが求められています。
なお新生児ざそう、いわゆる赤ちゃんにきびと呼ばれる肌荒れに似た症状が知られていますが、そのメカニズムは明確になっていません。
しかし赤ちゃんにきびは特に男の子に多く、元々母胎内で受け取っていた女性ホルモンと自分で作り出す男性ホルモンとのバランスが崩れた状況とも考えられています。
このようなホルモンバランスの失調は大人のにきびの原因でもあるので注意すべきですが、具体的なケア方法がないのも事実です。
赤ちゃんにきびが出るとお母さんは慌てふためき、自分のケアがいけなかった!と自分を責めがちですが、一方で赤ちゃんは本来皮脂の分泌が旺盛なので大人のようなにきびの状態で直ぐに治るケースであれば、あまり心配する必要はありません。
ただしスキンケアを怠らないように、日々清潔を心がけることは忘れてはいけません。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP