車の運転について

自動車の運転免許を取得する際に、近視や色覚に関する規定はよく聞かれますが、老眼と車の運転について、どのような関係があるのでしょうか?老眼は基本的に遠方がよく見えるので車の運転には支障がないと感じている人も多いようですが、当然のこととして車の運転にはあらゆる方面に対する注意力が必要であり、時に老眼の人にとって標識の下に記載されている文字や矢印などが解読できないケースがあるようです。
一方で老眼は老化に伴い現れる症状でもあるので、老眼があるということは、他の部位においても何らかの老化が生じていると考えるべきです。
そのため自覚症状がなくても、車の運転に際して細心の注意が求められます。
なお車の運転に用いるのは直接的な観察力だけではなく、動体視力であったり、反射神経でもあるので、少しでもどこかに衰えを感じる場合には、車の運転を控える、または徐行や安全運転に努めることが大切です。
ちなみに老眼鏡は近くを見るための特別な眼鏡なので、老眼鏡を掛けて車の運転をするのは絶対に止めましょう。
どうしても車の運転をしなければならない方は、眼鏡屋さんや眼科医と充分に相談し、適切な矯正器具を使用するようにしましょう。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP