遠視について

巷には老眼と遠視を混同している人がいるようですが、両者は全く別の症状です。
もちろん老眼も遠視も近くの物が見えづらいという特徴は同じですが、老眼と遠視は、その原理が異なります。
つまり老眼は老化の一種であり、視力を調整する眼のレンズ(水晶体)とそれを支える毛様体筋の柔軟性が衰える調整異常が原因です。
一方で遠視は眼球の大きさの問題でもあり、十分な焦点距離が得られないことが原因として生じる屈折異常の状態です。
一般に老眼は中高年以降に多く見られますが、本来乳幼児は全員遠視であり、成長に伴い遠視が回復するとされています。
ただし成長過程において遠視が自然に調整されないと、眼を酷使して斜視になったり、遠視がそのまま弱視になったりすることもあるので、子供の目線には常に気を配る必要があるようです。
言い換えると、老眼は日頃の不摂生など本人に起因することが大きいようですが、遠視は親の注意力が求められると言えるようです。
なお老眼や遠視は共に眼鏡などを使って矯正することが可能です。
日常生活に支障を来たさない範囲で、適度に矯正器具を使うことが、老眼や遠視の悪化を防ぐと同時に頭痛や肩こりなどの二次的な病気を予防する上でも重要です。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP