30代は生活習慣に問題

老眼(老視)は、老化現象のひとつです。
通常は40代の後半辺りから現れますが、昨今は30代で老眼を自覚する人が増えています。
とはいえ老眼は老化の象徴とも言えるので、30代ならば絶対に認めたくない!として老眼鏡の使用を拒むケースが多いようです。
そもそも30代であれば老眼をイメージすることなく、仕事をしていて眼が疲れやすい、頭が痛い、肩がこる?などの症状がみられ、調べてみたら老眼が原因だった!事例が少なくありません。
基本的に老眼とは、眼の中でレンズの役割をしている水晶体の弾力性が失われた状態です。
一般的には水晶体の形を変えることにより焦点を合わせていますが、それがスムーズにできなくなる!それが老眼です。
なお老眼に限らず老化とは、身体のメンテナンス不足であり、30代で老眼になるということは日々の生活習慣に問題があるので、進行予防の意味も含めて、今の生活パターンを見直してみましょう。
もちろん30代で老眼鏡をかけたくはありませんし、近眼のようにレーシック手術は可能ですが、眼鏡の着用が一番現実的な対処方法です。
ちなみに30代なら仕事や家庭で忙しく難しいかもしれませんが、毎日続ける視力回復トレーニングも知られています。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP