50代は進行が速い?

50代で初めて老眼(老視)を自覚した人、それはある意味でラッキーかもしれません。
つまり50代まで眼が老化していなかった?ということです。
日本人は40代後半辺りから老眼を自覚し出す、例えば眼精疲労や頭痛、肩こりなど間接的な方法ではありますが、トラブルを実感するものです。
ただし50代の老眼は、そこから進行が速くなる?加えて他の眼病や生活習慣病も心配しなければならないので、けっこう大変です。
もちろん血行に気を付けることが身体のメンテナンスには不可欠であり、眼の血流に注意しないと網膜関連の病気に陥りやすいようです。
50代になれば仕事や子育てに一定の区切りが来る頃なので、今までの生活態度を改めるチャンスです。
億劫がらずに近場の作業をする際は老眼鏡を使いましょう。
なお100円ショップで買える老眼鏡でも短時間ならば問題ありませんが、人間の眼は左右で視力が異なるケースが多いので、眼の健康診断を兼ねて、一度眼科医と相談することをお奨めします。
そこで眼に優しい暮らし方や食事メニューなどを教えてもらいましょう。
見えなくても命に別状はないでしょうが、日本人の50代はまだ若い!早めに対処することで残りの人生が豊かなものに変わります。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP