テロについて

誰もが平和で安心して暮らしたいと思っているでしょう。
これはテロリストであっても同じことです。
誤解を招く言い方ではありますが、平和を得るためにテロを行っているのです。
つまり時の権力者は自身の軍隊で「敵」を攻撃できますが、これはテロと呼ばれません。
もちろん軍事費の問題や戦死者が出れば社会問題化することはありますが、「勝てば官軍」と言われるように、勝った側は基本的に罪を問われることはないようです。
これは今の国連の体制を見れば明白です。
一方で権力を持たない側はどうするか?自身の置かれた現状を社会問題化して政治的に議論していくことが本来の姿でしょうが、民衆が政治へ自由に参加できない場合はどうするか?また国連でも協議されるように、何らかの軍事的制裁を加えないと解決しない社会問題もある?ようです。
ただし国連公認の制裁は、攻撃される側にとって見れば「テロ」と写ります。
なお平和な国に住む私たちは、経済制裁や軍事制裁は民衆を傷めるだけであり、逆にテロという社会問題を拡大し、体制に全く影響を与えないことを理解し、「公的テロ」を社会問題化すべきです。
つまり第一に求められることは、お互いが変な利害関係やプライドを捨てることなのです。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP