不景気なら倒産件数は増加

日本は諸外国に比べて起業意識が低い!と指摘され、時に社会問題として取り上げられます。
つまり日本人は安定志向が強いようです。
そのため倒産しない会社、できれば公務員になりたい?わからないではないでしょう。
 もちろん会社の倒産は経営者の能力次第?また不景気になれば倒産件数は増加します。
これも仕方のない社会問題です。
逆に倒産を恐れていては起業できず、倒産しても再チャレンジできる環境を整えることが、若者に活力を与える?起業家を増加させる上では不可欠です。
すなわち日本における社会問題は、安全に拘る若者の増加ではなく、一度失敗したら二度と復帰できない!そんな「ムラ社会」にあるのでしょう。
 ちなみに統計でみれば、倒産件数はバブル崩壊後に増加し、リーマンショックでも増加していますが、その後は減少傾向にあります。
言い換えると起業数も少ないのでしょうが、景気回復を社会問題にするならば、儲かる会社の増加、そもそも日本国内に企業を誘致する政策を打ち出すべきでしょう。
例えば倒産件数が増加した!とネガティブな社会問題を作り出すのではなく、起業件数を増加させるような雰囲気を生み出す努力が求められます。景気は気持ちなのです。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP