借金問題は貸借両者の問題

日本では借金を悪!と考える風潮にありますが、ビジネスや経済に精通している人であれば、それはナンセンス?借金なくして経営なし!借金できるのは一種の能力であり、信用力がある証拠です。
もちろんリスクはありますが、大きなお金を動かして大きく稼ぐ!管理能力が試されています。
しかし誰にでもそんな能力はないので、多くの人が借金問題を抱え、それが社会問題化しています。
借金問題によって法律まで変わってしまいました。
 当然返せない金額を借りることが借金問題の元凶であり、借りる側の落ち度は必然的に責められますが、一方で貸す側にも問題はあるでしょう。
借金問題で罪を犯す?自殺するなどの事例が増えれば社会問題としてマスコミが取り上げる、これは義務でしょうが、だからといって健全な債務者まで窮地に陥れるような法律改定は逆に社会問題化すべきです。
すなわち貸金業法の改悪?によって闇金を頼る人が増えてしまう!
こちらの社会問題は解決されるのでしょうか?
 ちなみに闇金は非合法なので、お金を返す必要はありません。
この点をもっと宣伝して借金問題に苦しむ人たちの不安を解消すべきでしょうが、闇金を取り締まれないことが社会問題の根底にあるようです。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP