地震対策について

日本は世界有数の地震大国であり、日本の至る所で大地震が起きる可能性があります。
そのため地震対策は一種の社会問題ですが、時に国が行う地震対策が曖昧であるという理由から社会問題化する風潮もあります。
一方で科学技術の進歩に伴い地震予知が期待されますが、未だ充分な予知技術を有していないのも現実であり、そのため巨額の研究費を使いながら何らの成果も上げてない!として社会問題化する傾向もあります。
しかし人間はまだまだわからないことだらけなので、科学を過信することは禁物であり、過信に対するつけが今回の原発事故として現れたと考え、科学信奉主義を逆に社会問題化すべきかもしれません。
なお地震対策で大切なことは建物の耐震構造ですが、2005年に建築構造に対する偽造事件が社会問題化されるなど、何を信じてよいのかわからない時代になっています。
情報がないことも問題ですが、情報がありすぎ、どれが信頼できる情報か?それを明らかにするための情報が必要になるなど事態は深刻です。
とはいえ人命に直結する地震対策については、個人が意識を持ち、非常用の持ち出し袋を備えることも大切ですが、国や自治体における広域的な地震対策も急務の課題です。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP