最たる社会問題は外交問題

外交問題、すなわち外国との関係についてですが、これは国の専権事項です。
都道府県や市区町村単位で姉妹都市?などの交流をするケースもありますが、国対国のトラブル?が生じた場合には、国家、直接窓口である外務省が担当します。
もちろんお互いに文化が異なるため意見の相違が出るのは仕方のないことですが、あまり深刻な外交問題に発展させたくないものです。
つまり大きな外交問題として社会問題化する前に、双方が冷静になるべきでしょう。
 なお日本に限りませんが、最たる社会問題は外交問題、特に領土問題です。
歴史認識の問題も、結局は領土争いから生まれたものです。
人間の歴史は領土奪取の歴史とも言い換えられる反面、倫理上の議論はあったとしても、敗戦国は強い主張ができません。
正しく勝てば官軍!です。
 一方で過去を社会問題とせずに早く清算して未来志向、現状認識から始めよう!と考える人たちもいます。
明らかに政治的な社会問題が重石となって経済発展が阻害されたなら別の意味の社会問題が発生するので、変に刺激し合わないように大人の対応を採る、それでも外交問題が解決しない際には、国際機関など第三者に委ねることも時には求められるのでしょう。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP