看護師の問題

看護師は、かつて看護婦と呼ばれ、フライトアテンダントと並び女性の象徴的で花形の職場でした。
そして現在でも女の子の憧れの職業のひとつになっています。
一方で看護師の仕事は病人の世話、高度化する医療機器の操作など力仕事があり、男性の進出も望まれています。
男性的な優しさ頼もしさも心強いものがありますが、病気や怪我で弱気になっている時に、女性的な優しさに触れることは治療に対する勇気を与えてくれることになり、看護師を志望する動機として、かつて世話をしてくれた看護師に感動したというケースも少なくありません。
看護師は華やかな反面、多くの社会問題も孕んでいます。
例えば、力仕事や夜勤の多い過酷な労働環境は、看護師が仕事の継続を断念する大きな理由のひとつであり、看護師不足は多くの医療施設が経験しています。
特に高齢者の多い地方の医療施設では地域も含めて深刻な社会問題です。
また自身が注射器などで病気に感染したり、医療訴訟が頻発するなど個人の限界を超えるような社会問題もあります。
看護師を取り巻く様々な社会問題を解決するためには、夜勤を含めたシフトの緩和、結婚や育児の際にも対応できる社会的支援制度、さらに安心・安全に対する配慮が求められています。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP