自殺について

人間は生まれる時と死ぬ時を自分では決められない!生と死は神の領域であり、自殺をすると地獄に落ちる!として多くの宗教で自殺を禁じています。
一方で現代社会においても自殺は忌避される事態であり、親族が自殺したことを隠したがる風潮もあります。
なお日本では毎年3万人以上の自殺者がいると指摘され、統計が発表されるたびに社会問題化し、何らかの対策は講じてはいますが、自殺者数に大きな変動はありません。
人が自ら死を選ぶには相応の理由があるでしょうが、その背景にはいくつかの社会問題があるようです。
例えばいじめや多重債務などの個人レベルの社会問題、自分は生きている価値がないなど精神疾患に陥る人がいることも社会問題として捉えるべきでしょう。
さらに全体的な社会問題として不況があり、明るい未来をイメージできない点も自殺を促す?要因として重要です。
もちろん同じ境遇にあっても自殺を選択する人がいる反面、ポジティブに頑張る人もいるので、何が違うのか?一概には判断できませんが、人々が協力しあって社会問題をひとつずつ解決していくことが、結果として誰もが自分の価値を見出し自殺者の減少を導くのかもしれません。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP