自転車事故の問題

車を運転するためには該当する車種に合わせた運転免許証が必要ですが、自転車を運転する際には特別な免許証や教習を必要とせず、上手い下手に関わらず原則として誰でも乗ることができます。
そのため自転車事故は案外と多く、密かな社会問題となっています。
車の運転免許証を所持している人は、必然的に教習所などで学習しますが、自転車は基本的に車両なので、道路交通法に従って車道の左側を通行することが義務付けられています。
しかし法律を無視?して歩道を通行したり、一時停止を守らずに歩行者や車などと接触する自転車事故が増えており、時に死亡事故も発生しています。
もちろん自転車事故を起こせば法律に則って処分を受けることになりますが、多くの自転車所有者がこのような重要性を理解していないことは深刻な社会問題と言えるでしょう。
人的・物的な損害がなくても、人間が安心・安全に暮らすためにルールを守ることは当然のことなので、大人であれば常識として、すべきことを徹底して自転車事故などの社会問題を未然に防ぐことが重要であり、我が子を含めて子供たちにルールやマナーを指導できていないならば潜在的な社会問題と言えるかもしれません。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP