被災地ガレキ撤去問題

2011年3月に起きた東日本大震災は、数多くの被害者を出した!ということで、当然社会問題としてのインパクトが大きいと言えるでしょうが、その後の復旧・復興のために求められる点として被災地ガレキ撤去も社会問題として重要です。
被災地には未だに撤去されていない莫大な量のガレキが残されています。
基本的に被災地ガレキ撤去は被災地だけでは解決できないので、日本全体として被災地ガレキ撤去の事態を社会問題として取り上げ、望ましい方法で除去していくべきでしょう。
なおすべての人にとってベストの解決法はないので、最大多数の最大幸福が実現するような奇策が必要です。
ちなみに現行における被災地ガレキ撤去の最難題は、放射性物質の恐れから、ガレキの引き取り手がないことです。
もちろん放射性物質は目に見えないので、これ自体が社会問題として重視されるべきでしょうが、間違った情報に流されず、正しく社会問題を解決していこうとする、一人ひとりの意識が試されているとも指摘されています。
つまり身の回りには原発由来ではない放射性物質が多数あるということを認識し、矛盾のないように被災地ガレキ撤去の問題に取り組んでいきたいものです。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP