遺伝子組換え食品について

人間は何を恐れるのでしょうか?それは真実がわからないことです。
変に心配していたことも、実はたいしたことではなかった!と笑い話になることもしばしばです。
そんな不安感を抱きがちな社会問題として昨今は遺伝子組換え食品が注目されています。
遺伝子組換え食品とは、特定の除草剤に耐えられるように人為的に遺伝子を取り換えたコムギやトウモロコシ、ダイズなどのことです。
では遺伝子組換え食品は社会問題化するほど危険な状態なのでしょうか?遺伝子組換え食品を社会問題として取り上げる人は、間違った情報に流されている可能性があります。
例えば遺伝子組換えをした植物を食べた蝶が死んだ?という話です。
しかし私たちが日々食べている家畜や栽培植物は長い年月を掛けて育種という手法で「遺伝子組換え」してきたものです。
もちろん遺伝子組換え食品を社会問題化する人は、直接細胞を「傷つけて」遺伝子操作することが問題だ!と指摘しています。
また将来的な安全性が保証できない!とも主張します。
とはいえ100%安全・確実なことはないことを知るべきでしょう。
一方で科学者や政治家を含め、自分の利害のために真実を隠すことこそ社会問題化すべき事態です。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP