集団生活でのいじめ問題

いじめはどのような人間社会、集団を営む動物社会においても一般的にみられる行為です。
日本社会においても昔からいじめはありましたが今のような社会問題化してはいませんでした。
かつては子供の集団内で解決できたり、親や地域の人が一喝することにより解消されました。
一時期いじめは校内暴力や家庭内暴力に発展しましたが、その内容は明確であり、いじめをする個人が容易に特定できました。
しかし近年は、いじめの内容が陰湿化・密室化し、表面に現れにくくなったと同時に、自殺や殺人に発展するなど教師や学校、親、地域などを巻き込む大きな社会問題として深刻化しています。
さらに一見優等生的な子供がいじめの首謀者であるなど、昔では考えられないような現実があります。
このようにいじめの内容が変化している理由として子供を取り巻く社会問題、勉強や窮屈な生活環境を強いるなどの過剰なストレスがあります。
優等生ほど親や教師の期待に応えたいと考え、外見上はいい子の振りをする反面、ストレスのはけ口としていじめに進展し、その行為がエスカレートします。
集団生活をする以上、小さないじめは避けて通れない社会問題のひとつですが、現在のような状況は社会全体で早急に解決すべき異常な社会問題です。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP