お中元のマナーは関係性

お中元には諸説ありますが、かつては旧暦の7月15日?
現在では新暦の7月15日までに先方へ持参するのがマナーです。
とはいえ実質的には、ボーナスが出た6月上旬にデパートなどから宅配便で送ってもらうのが一般的?
もっと極端にはインターネットから申し込む方法も普及しています。

お中元はお世話になった人への感謝を込めて、お礼の意味で届けるものなので、マナーには従いたいものです。
形式的であっても?
形式的だからこそ!
マナーが大切になります。
そのためお中元のマナーに詳しくなければ、専門家でもあるデパートなどの担当者に遠慮なく尋ねましょう。
熨斗の種類や宛名など、マナーを知らずに勝手に書いてしまうと、かえって失礼になります。

ちなみにお中元は季節が夏に当たるため、品物にはビール、素麺、果物やその缶詰、水菓子類などが多いようです。
中には拘りのジュース!も増えています。
ただし食べ物には好き嫌いがあるので、事前にさりげなく探っておくとよいでしょう。

なお高価すぎる品物は相手に気を遣わせる?
マナー違反を問われます。
1件当たり数千円程度が相場ですが、あくまでも分相応!
相手との関係性を図ることも、お中元のマナーとして留意すべきでしょう。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP