お歳暮のマナーが時代で変る

暮れの挨拶として重要なのがお歳暮です。
原則は先方へ本人が持参するべきですが、忙しい現代社会!
逆に直接来られても困る?
双方の利害が一致すれば、現在のような宅配?もマナーのひとつなのでしょう。

元々お歳暮は、お正月の準備に使われるような品を贈る風習だったので、12月中旬の行事でした。
しかし近年では冬のボーナスが入った12月上旬がピークになっています。
本来の意味よりも実用性が重視されてきた?
時代が変わればマナーも変わるのでしょう。
もらう側に違和感がなければ、もらって文句も言えませんが、問題ないでしょう。

お正月用品?とのこともあり、お歳暮にはビールや日本酒などの酒類、新巻鮭や昆布などの乾物系が重宝されます。
そもそもお歳暮ができなかった?
止むを得ず年越し後に顔を出す!
これが年賀でした。
そのため喪中ならお歳暮も控えるのがマナーと言われていましたが、今ではお歳暮と年賀が別物と考えられているので、喪中でもマナーを問わないのが一般的です。

なお親しい間柄以外では、奇を衒う?
拘りすぎる品物は控えましょう。
金額の相場は5千円前後?
お中元より割高?がマナーかもしれませんが、高価すぎるものは、お歳暮といえども失礼です。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP