お礼状の基本的なのは敬語

電子メールやLINEなどが当たり前?
ビジネス文書もパソコンを使って作るので、ペンや鉛筆を持つこともなくなりました。
とはいえ?
だからこそ!
直筆のお礼状などが届くと嬉しく感じる?
ほのぼのとするものです。
ただしマナーに反するお礼状は、逆に怒りを促す!
こんなこともわからないの?
恥をかくことになりかねないので、お礼状のマナーを覚えておきましょう。

お礼状のマナーとしての大原則?
というか当然すぎてマナーに入れるのも憚られますが、敬語を正しく用いましょう。
「お買い上げありがとう存じました」などと一見敬語?
よくよく考えてみれば可笑しな「警語」が少なくありません。
お礼状は形に残るものなので、後から何度も指摘されないように、お礼状を送る前にもう一度、誤字脱字を含めてチェックしましょう。

ちなみにお礼状を出すタイミングも重要です。
お礼状は可及的速やかに!
これがマナーというより、遅れてしまえば意味がありません。

なお昨今では大金を借りたお礼状を電子メールですることもあるようですが、この場合も変換ミス?
気を付けましょう。
さらに誤送信!
お礼状であっても利用次第で個人情報や機密情報に値するので、落ち着いて確実な行動が未来を決します。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP