お茶出しでは

お客様が来た時にお茶を出すことは当然あるでしょう。
しかしこのお茶出しの方法、タイミングは難しいものです。
お茶出しは会社であれば新人の仕事かもしれませんが、お茶出しのマナーが守れているかは、本人のみならず会社にとっても大切なことなので注意が必要です。
つまりお茶出しの方法如何でその人の育ちや性格、お客様への対応などがわかってしまうからです。
人が2人以上集まればマナーが生まれます。
マナーが守れていないと相手に不快感を与え、今後の人間関係に影響を与えます。
お茶出しの基本は、お客様が来ていただいたことに感謝し、疲れを癒していただくことにあります。
そのためお茶出しのマナーとして相手が飲みやすい、飲めるお茶であることが大切です。
独りよがりで特殊なお茶を出すことは特別なケースを除き避けましょう。
また暑い時に熱いお茶、寒い時に冷たいお茶なども基本的にはマナー違反です。
さらに上から目線はマナー違反なので、お茶出しの時は、しゃがんで、へりくだって出すことも大切です。
なお複数のお客様がいる場合は、目上、役職が上の人から出すことがマナーです。
時にどちらが上司?と戸惑うこともありますが、そのような場合は奥の席から配ると安全です。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP