お通夜では

人の死は突然やってきます。
そしてお通夜や葬式の連絡は突然来ますので、礼服などの葬儀出席のための準備が十分にできない場合がほとんどでしょう。
逆に準備が良過ぎると「死ぬのを待ってた?」として忌み嫌うケースもあります。
直系親族を除き、通常はお通夜か翌日の葬儀のどちらか一方に出席するのが一般的です。
葬儀に出席する場合のマナーとして服装の問題がありますが、お通夜の場合は「取り急ぎ駆けつけました!」という気持ちが大切なのでそれほど服装のマナーは重視されません。
ビジネススーツであれば問題はなく、ネクタイが派手目な場合は、はずせばOKです。
ノーネクタイでもお通夜であればマナー違反にはなりません。
香典袋もコンビニなどで購入した物でかまいませんが水引は結び切りのものを使うのがマナーです。
なおお通夜の後に食事の用意がされている場合があります。
この場合は忙しい時であっても一口食べて帰るがマナーです。
変に遠慮して食べないと「箸をつけるのも嫌なのか!」という意味にとられる場合がありますのでご注意ください。
また親族でなければ長居や泥酔はマナー違反になります。
冠婚葬祭は出席する気持ちが大切であり、その場の空気を読むことも大切なマナーです。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP