ご祝儀では

ご祝儀とは何でしょうか?祝儀とは元々お祝いの儀式のことですが、近年はお祝いの贈り物、特に金品をご祝儀と呼ぶことが多くなりました。
生鮮市場で今年の初物が出荷された場合は、ご祝儀相場!として特別な値段が付くこともあります。
一般的なご祝儀には結婚式があります。
友人の結婚式に出席する時に、ご祝儀としていくら包んだら良いのか迷った経験のある人も多いでしょう。
よく言われるご祝儀のマナーは、まずご祝儀袋です。
ご祝儀袋の体裁と包む金額には一定のマナーがありますので注意しましょう。
また、水引の結び方も、結びなおせる蝶結びは結婚式にはご法度です。
結びきりの水引を使うのがマナーです。
なお、ご祝儀のマナーを考える場合に大切なことは、ご祝儀はあくまでも縁起物であることです。
つまり気持ちの問題です。
そのためご祝儀として入れる金額も4や9などの忌み数や2つに割れる数(偶数)は包まないようにすることもご祝儀の大切なマナーです。
3万円だって偶数だ!という屁理屈はご祝儀においてご法度です。
また義理も大切だ!といって大金を包む場合もありますが、あくまでも気持ちであるので、経済的な負担を考えてご祝儀を包むことが相手に対する一番のマナーです。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP