よく耳にする不倫とは

不倫とは、よく耳にする言葉です。
読んで字の如く、不倫とは倫理、道徳、人の倫(みち)に背くことです。
ここで言う倫理とは、配偶者以外の異性?とは肉体関係を持たない!と解釈されています。
基本的に不倫という法律用語はなく、民法では不貞行為という言葉が使われ、これが不倫、浮気などと同意義と解釈されています。
歴史的、世界的にみても不倫とは、不義密通、姦通などとも呼ばれ、死罪に値する重罪と捉える文化が多くあります。
ちなみに不倫とは、人気ドラマの影響もあるのかもしれませんが、妻子ある男性が未婚の女性と肉体関係を持つことをイメージすることが多いようです。
また不倫とは、人間共通の行為であり、何らかの本能的意味が隠されていると考える人もいるようです。
なお浮気については人それぞれ解釈が異なり、特に男性と女性との間のギャップが大きいようです。
通常浮気とは肉体関係を指すようですが、時に単なる恋人同士(と思い込んでいる?)であっても他の異性と食事をしただけで、浮気!と責められることもあるようです。
いずれのケースであっても不倫とは、人間社会では許される行為ではなく、何らかの制裁を受ける必要があるとするのが一般的です。

■ 不倫の原因
不倫の理由、原因、きっかけは何でしょうか?職場の同僚、部下、または同窓会で再会、元彼女・彼氏など様々な関係があるようです。
なお不倫とは、配偶者以外の異性と肉体関係を持つことと解釈されることが一般的なので、不倫をされた相手、例えば夫が不倫をしていた場合の妻に対する精神的な影響は、心理学的にも極めて大きいと言えます。
夫婦は基本的に信頼関係が大切なので、不倫、浮気は離婚の原因になります。
しかし結婚であっても、男と女の関係は不思議なもの、縁とは奇なり!とも言いますが、これは不倫においても同じでしょう。
何故二人は惹き付けられたのか?本人同士にも原因がわからないことも多いようです。
たまたま結婚した後に出会ってしまった?という言い訳をすることも多くあります。
心と体は別物と考え、原因は人間の本能的なものだと懇願するケースや、不倫はされた方(例えば妻)にも原因がある!と開き直ることもあるようです。
理由はさておき、不倫という事実は、人間社会では表向き、道徳に背く行為なので厳罰処分を求めるのが一般的であり、時に死罪に値する国もありますので、不倫に踏み切る際には、相当の覚悟が必要です。

■ 不倫を止める方法
男と女の関係は不思議なものです。
引き付けあう二人を引き裂くことはできない、時に不倫を美化してロミオとジュリエットに例えることもありますが、結局はハッピーエンドにはなりません。
不倫は未然に防止するか、情状酌量の余地がある早い段階で止めることが大切です。
なお不倫は肉体関係ですが、精神的なダメージも少なからずあります。
不倫をしているというスリル感を楽しむ人もいるようですが、うしろめたさなど、何らかの心理的負担を感じているケースが少なくありません。
つまり不倫とは一時的な快楽、逃避行動に過ぎないのであり、早めに止めることが精神面からも重要と考えられています。
しかし不倫依存症のようなケースもありますが、このような人たちが不倫行動を止めるにはどのような方法があるのでしょうか?基本的な不倫を止める方法は、不倫に求める肉体、精神両面における欲求を別の方向に向かわせることです。
原則としては元の夫婦関係に戻る、新しい恋人を探すことです。
不倫をするには相応の原因があります。
例えば配偶者や異性に対する不信感、嫉妬、憧れ、寂しさ、コンプレックスなどです。
このような原因を探り、明らかにし、解消することが不倫を止めるための最善策です。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP