バイクの運転

暖かくなるとバイクを利用する人が増えてきます。
バイクは風を感じることができるので、若者のみならず、高齢者でも愛好者が多いようです。
バイクは手軽な乗り物でもありますが、乗る以上、法律は当然ですが周りの人たちに迷惑をかけない、マナーを気にしたいものです。
例えばバイクのマナーとは、危険走行をしないことです。
暴走行為は当たり前ですが、渋滞だからといって車の間をすり抜けようとすると、車のドライバーがイライラします。
またバイクが車のサイドミラーに当たる事故?が多発しています。
渋滞中では車が動けないのでドライバーは泣き寝入りです。
たとえミラーが破損していなくても、触れた場合には一言謝罪が必要です。
これは大人、人間としてのマナーです。
一方でバイクを駐車させる場合にもマナーがあります。
昨今は原付であっても大型化しており、小型のスクーターも繁用されているので駐車スペースを広く占めてしまうことがありますが、相応の遠慮は不可欠です。
さらに駅前などの駐輪場に大型バイクを停めるケースもありますが、これもご法度です。
傷付けられた時は激怒!すると思うので、お互い様です。
自分がマナーを守れば相手も守ってくれる、逆も真です。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP