レストランに合わせたマナー

高級!低級?に限らず、レストランは不特定多数の人たちが飲食をする場です。
そのため他人に不快感を与えないように、相応のマナーを示すことが重要です。
基本的にマナーとは、場の雰囲気を保つための礼儀であり、似た概念であるエチケットは他者への気配りと言えるでしょう。

ではレストランにおける具体的なマナーとは何か?
よく指摘されるのは、フルコース?に対するテーブルマナーです。
右手でナイフ、左手はフォーク!そのように並べてありますが、実際にはフォークを右手に持ち変えて食べる時もあります。
ただしその際にはナイフをテーブルの上に置きます。
また外側から使っていくのが一般則のようです。

中にはレストランのマナーに自信が持てない人もいるでしょうが、その場合にはレストランの店員さんに尋ねた方が無難です。
知ったかぶりをすると、かえってレストランに迷惑がかかったり、同席する人の失笑を買いかねません。
とはいえレストランのマナーは誰のため?
同じ空間で食事をする人たちが楽しむためのものです。
変にびくびくして落ち着かないのであれば本末転倒です。

もちろんレストランは和洋中様々であり、その食文化に合わせたマナーを覚えておくことが大切です。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP