七五三は地域で異なる

堅苦しい伝統文化の中には、時代を経るにつれて本当の意味が忘れ去られ、形式的?時には内容が伴っていない?ものが稀ではないようです。
例えば七五三は、三歳、五歳、七歳の子供に対する儀式ですが、どんな意味があるのでしょうか?
子供にしてみれば千歳飴を食べる?程度かもしれませんが、七五三に明確なマナーはあるのでしょうか?

そもそも七五三は生類憐れみの令で有名な江戸時代の五代将軍、徳川綱吉が、我が子の健康の為に行った儀式に由来するとか?
地域によって七五三のマナーが異なり、元々それぞれの年齢別に違った儀式だったとか?
諸説入り乱れ、とりあえず11月15日に着飾って神社に行けば何とかなる!という人も増えているようです。
しかし著名な神社では当日混雑が予想されるので、事前に電話などで予約する!が共通する七五三のマナーでしょう。
後は神主さんの指示に従えばマナー違反の心配はなさそうです。

ちなみに忙しい現代社会では11月15日に拘る必要もなく、11月15日の理由も不明なので、前後の週末に済ませる家族も多いようです。
さらにお寺で祈祷することもあるので一体何なの?と思うこともしばしばですが、基本的な礼儀をマナーと考えれば問題なさそうです。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP