七五三は地域の風習に従う

そもそも七五三とは何か?
あまり深く考えずに行っている家庭も多いでしょう。
もちろん時代が変われば意味が変わる!これは七五三をに限らず仕方のないことですが、基本的に子供の成長を祝うことが第一です。
とはいえ七五三は小さな子供を連れて神社やお寺に行く、それも和服など着飾って?子供に無理がかからない範囲にすることが大切です。

言い換えるなら、神社やお寺に迷惑をかけないことがマナーです。
単にお参りするだけなら問題ないでしょうが、祝詞をあげる場合には、事前に予約しておきましょう。
特に11月15日が週末と重なれば混雑が容易に予想されます。

 一方で昨今は日付を限定せず10月中旬以降であればいつでも良い?との風潮が広がっていますので、堅苦しくマナーに拘ることもないのでしょう。
つまり七五三に明確なマナーはありませんが、両親も正装し、地域特有の風習には従いましょう。

 なお七五三を機に、神社やお寺での参拝方法やマナーを子供に教えてあげる!親も知らなければ学んでおきましょう。
初詣を含めて、日本で生活していれば節目でお寺や神社にはお世話になります。
子供が成長して恥をかかない?他人の邪魔をしないように、マナーを伝えるのが親の務めです。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP