不本意に突きつけられた場合

不本意に離婚を突きつけられた場合には、どうしたら良いのでしょうか。
自分は、楽しく夫婦生活をしていたつもりでも、いきなり相手から離婚を切り出される事はあります。
その為、もし離婚に同意しないのであれば、その意思をしっかりと伝えて、離婚届にはサインもせずに、ハンコも押さない方が良いでしょう。
離婚はお互いの同意が無ければ成立しませんから、離婚の理由も不本意だと感じるなら、離婚に応じないという方法が一番です。
また、「相手が不倫しており、不倫相手と一緒になりたい」という理由で離婚を切り出される事もありますが、この場合は離婚に応じないか、離婚に応じて、相手に慰謝料を請求するなどの方法があります。
もちろん、どんな結論を出すかは人によって異なるのですが、不本意な離婚は、その後の人生にも影響すると言えるでしょう。
ちなみに、自分には自覚が無いけれど、相手にとって自分に問題があるという場合には、相手が、問題の証拠なども離婚の際に提示する必要があるため、離婚問題も複雑化すると言われています。
離婚問題は穏便に解決する事の方が少ないので、自分が不本意だと感じるのであれば、その気持ちに正直である事が大切です。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP