出産祝いでは

世の中にはマナーがあります。
昔からの慣習だったり、よくよく考えれば当然なもの。
更には多くの人の共通のルールなど、マナーは様々です。
その中でも割としきたりに準じたものと言えば出産祝いのマナーでしょうか。
「出産祝いなんだから嬉しい気持ちを届ければ良い」と思っている人もいるでしょうが、出産祝いの場合、身内か友人・知人かでマナーが変わってくるのです。
知人や友人の場合は母子が退院してお七夜が済んでからになります。
これは、あくまでも母子の事を考えての事ですが、一説にはかつては出産直後に何かあるケースが多かったからとも言われており、その名残なのかもしれません。
身内の場合は特に気にする必要はないもののようです。
とは言ってもいつになっても良いかというと、それもまた異なります。
出来れば産後一ヶ月以内に贈るのがマナーと言われています。
品物も現金からカタログギフト、さらにはべビー用品など様々です。

最近ではチャイルドシートを出産祝いに送る事もあるようです。
マナーも大事ですし、何を贈るのかも大事ですが、一番大事なのは、やはり「おめでとう」という気持ちを込める事でしょう。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP