席順は奥からが原則

社会人のマナーとして知っておきたいのが席順です。基本的に室内であれば、奥ほど席順の上位なので、お客様は奥へ通す!この原則を確認しておきましょう。

 なお部屋によってソファーの置き方が異なりますが、長椅子が上座、お客様の席です。一人用の椅子は偉そうに感じますが、窮屈!という意味で、お客様に座らせてはいけません。また長椅子内の席順も、椅子に向かって左側、座る側から言えば右側が上座、これは右に出る者がいない!右手を自由にする?との起源があるようです。ちなみにテーブル席では中央が上座、円卓ならそこから時計回り、ロの字、コの字の配置なら向かって左、右、左、右の席順に座ってもらいます。こちらは飲み会の席順にも共通するマナーです。

 一方でタクシー内のマナーは、後部席奥が一番、次いで後部席手前、後部席真ん中が第3位、接待役は助手席に座るのがマナーです。タクシーであっても極力、お客様と横にならないことがマナーです。

 では自分が訪問する側になった場合、ビジネス上は相手がお客様なので、自身は下座に来るべきか?悩みますが、それでも相手から見て貴方はお客様なので上座になりますが、相手が着席するまで立って待っているのもマナーです。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP