離婚相談はどこでする?

■ 離婚問題を弁護士に相談
離婚をしようか悩んでいる人は多いでしょう。
最近は離婚率が高くなってしまっていますが、それぞれ事情があるでしょう。
中には離婚したい訳ではないけど、相手の事情を考えたら離婚がベスト…という止むに止まれずの離婚もあるでしょうし、お互いの信頼感を損ねてしまうような事があったからこそ、離婚にまで発展してしまうケースもあるようです。
そのため、離婚の問題は様々です。
また、子供がいると話しも複雑なものになってしまうでしょう。
子供の事を考えたら離婚は避けたいけど、どうにもならない…。
そのような夫婦もいるでしょう。
そこで、離婚問題を弁護士に相談している人もいるようです。
親権の問題などもあるでしょうし、慰謝料や養育費の問題もあります。
それらを、信頼感がなくなっている相手と取り決めるのは現実的に厳しいのです。
感情的になってしまうケースもあるでしょう。
そのため、弁護士という「第三者」を通じて相談する夫婦も多いのです。
しかも弁護士は法知識に長けていますので、おかしなアドバイスはしてこないでしょう。
アドバイスの全てが、「法」を根拠にしたものですので、トラブルも発生し辛いのです。

■ 弁護士事務所での無料相談
離婚の手続きを行う弁護士事務所では、無料相談を受け付けている所もあるそうです。
離婚というと、何度もするものではありませんから、多くの人にとっては初めての経験になります。
その為、自分の離婚のケースには、どんな手続きが必要なのかを知る為にも、弁護士に相談する事は重要だと言えるでしょう。
無料相談の場合には、フリーダイヤルを設けている場合もありますし、メールで現在の状況を説明した上で、質問する事も可能です。
もちろん、実際に弁護を依頼する場合や、書類を作成する場合には、弁護士費用が必要になりますが、まずはどんな流れになるのかを知りたいと言う方にとっては、無料相談が非常に役立つと言えるでしょう。
ただ、離婚問題と言うのは、離婚の理由だけでなく、財産分与、ローン、慰謝料、養育費、健康保険、年金など、様々な部分を含んでいますから、1度の相談で全ての疑問が解決すると言う事はありません。
そして、弁護士との信頼関係を築く為にも、無料相談だけでなく、有料でも信用出来る弁護士の事務所を、数回訪れてみるのもオススメだと言えるでしょう。

■ 法律の相談
離婚というと、結婚以上に手続きなどが複雑になりますから、離婚を決断する前に、専門家に相談してみるのも、1つの方法だと言われています。
全国には、たくさんの弁護士事務所がありますし、相談をするだけなら、費用も少なくて済みますから、離婚の理由や状況、必要な手続きの内容などを質問するだけでも、十分役立つと言えるでしょう。
最近では、女性のクライアントを専門にした、法律事務所も増えて来ていますし、多くの離婚の場合には、女性の方が経済的に苦しい立場になるので、法律相談をするだけでも、かなり気持ちがラクになると言われています。
逆に、男性のクライアントを専門にした、法律事務所も増えて来ており、こちらは、経済的な理由よりも、親権や監護権、子供との面会についての法律相談や、手続きを行っているそうです。
日本の法律では、経済的には男性が有利、監護環境的には女性が有利というケースがとても多く、養育費をもらえないケースや、子供を相手に連れて行かれたというケースなどの相談も引き受けていると言えるでしょう。
離婚の一歩手前という状況でも、まずは専門家に相談をしてから、その後の方法を考えた方が良いと言われています。

■ カウンセラーに相談
離婚問題が長期化したり、離婚の理由によっては、カウンセリングが必要になる事もあると言われています。
例えば、相手の不倫やDVが原因で離婚する場合には、カウンセリングを受けないと、精神的に参ってしまう方もいますし、精神的なストレスを与えているという診断書が離婚の手続きに有効になる場合もあります。
特に、DVの被害者の場合には、離婚前にメンタルが弱くなり、相手に服従するのが当たり前になってしまっている場合も多いので、一般の患者に比べると、カウンセリングの期間も長くなります。
そして、相手に対する恐怖心から、離婚まで踏み出せないという方も多いので、その点では、カウンセラーの助けだけでなく、家族や友人などの支えも必要だと言えるでしょう。
また、離婚問題が長期化すると、その分、ストレスや疲れも溜まりますし、子供に当たってしまう事もあるので、出来るだけ専門のカウンセラーに相談した方が良いと言われています。
実際の状況は変わっていなくても、自分の話しをするだけで、気持ちが楽になりますから、あまり無理をしすぎない事も、離婚問題では重要だと言えるでしょう。

■ 専門家に依頼
離婚問題というと、弁護士に依頼すれば、全ての手続きを行ってくれると思っている方も多いのですが、依頼する内容によって、専門家も異なります。
まず、弁護士が専門とする分野としては、協議離婚が上手くいかない時の調停離婚の手続き、慰謝料の請求、訴訟の弁護などです。
弁護士を雇う事で、相手との交渉を代行してくれますし、法的な流れなどを理解している分、裁判などもスムーズに行われると言えるでしょう。
そして、不動産の名義変更や、裁判所に提出する書類の作成などを行うのは、司法書士の仕事です。
司法書士は弁護士と異なり、基本的には、書類作成と名義変更を専門としていますが、弁護士よりも費用が安いのが特徴だと言えるでしょう。
さらに、離婚後の役所手続きの代行や、年金、公的融資についての相談、協議離婚の内容が不当でないかの判断は、行政書士でも行う事が出来ます。
行政書士も弁護士よりは費用が安く、書類関係には強いのですが、相手が話し合いに参加しない場合には、それ以上介入出来ないのが弱みだと言えるでしょう。
離婚問題には、様々な手続きが必要になりますから、どの分野の専門家なのかを理解しておく事も重要だと言われています。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP