快気祝いでは

快気祝いとは何でしょうか?病気が治っておめでとう!と言って贈り物をすることではありません。
その逆、病気の時にお見舞いに来てくれた人に対する退院報告、お礼としてのお返しです。
日本文化はお土産文化とも言われるように何かにつけ、他人を訪問する時にはお土産を持参します。
病気で入院した知人を見舞う場合もお花や果物などをお土産として持参するのがマナーです。
そのため病気が回復して元気になれば、そのお見舞いのお礼をするのは当然のことでしょう。
ただし快気祝いにも一定のマナーがあります。
快気祝いの第一のマナーは、退院後なるべく早く送ることです。
退院後何ヶ月もしてから快気祝いが届くと、嬉しいかもしれませんが、しらけた気分になったり、自分はどうでも良いのか?と思われてしまいますのでご注意ください。
なお快気祝いの品は地域により様々ですが、快気祝いのマナーとして大切なことは、後に残らない物、例えば食べ物や消耗品などにすることです。
なお退院したとは言っても、全快とは言えないケースもあるため、経済的、身体的負担を強いてまで贈り物をする必要はありません。
マナーは気持ちの問題なので、葉書一枚が一番の快気祝いになることもあるのです。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP