敬語の使い分けは臨機応変

外国人が日本語を学ぶ際に難しい点は、もちろん漢字の多さ、複雑さはあるでしょうが、敬語の使い分けも問題のようです。とはいえ敬語の使い分けは日本人でも難解であり、特に新入社員などは失敗しがちです。なお学生時代、中でも体育会系であれば上下関係も厳しいので、敬語の使い分けを指導されたかもしれませんが、時に間違った使い方?も多々見られるので、一度マナー講習と同様に敬語の使い分けに関しても確認しておくと良さそうです。

 ちなみに敬語の使い分けは直接的なマナー?ではありませんが、目上の人、上司、お客様などと対応する場合に適切な敬語の使い分けができると、信用度、好感度もアップして、ビジネスの成功や出世につながるでしょう。

 一方マナーの意味で敬語を使うことは大切ですが、逆に慇懃無礼と受け取られるケースもあるため、敬語の使い分けは臨機応変にしたいものです。例えばどんな事例でも共通しているのは「です・ます調」すなわち丁寧語です。また自分を下げる謙譲語はマナーとして重要であり、反対に相手を持ち上げる?尊敬語を正しく使い分けると気分よく会話が進むでしょう。事務的な口調は敬語とは言えませんが、マナーには不可欠のようです。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP