法事では

法事は仏教の方式によって行われるお葬式やお通夜、初七日、四十九日などの儀式の総称であり法要と呼ばれることもあります。
神式では御霊祭(みたままつり)、キリスト教の場合は追悼集会、ミサなどと呼ばれますが、一括して法事と呼んでいるようです。
法事は人の集まる機会ですので、そこには様々なマナーがあります。
まず法事に参加する服装です。
通常お通夜の場合は「取り急ぎ駆けつけました!」という意味から服装はあまり問われることがありません。
服装を整える時間よりも出席することが大切になるからです。
一方お葬式は、一般的に黒の礼服で出席するのがマナーです。
黒であっても光沢のある服やエナメルの靴、派手なデザインなどは避けるようにした方が無難です。
また四十九日までも礼服出席が基本的なマナーですが、それ以降は一般に地味であればラフな格好でもマナー違反にはなりません。
なお亡くなられた方の宗教により法事の行い方が違います。
例えば香典袋の表書きとして「御霊前」はどの宗教に対しても使えますが、キリスト教式の場合は「お花料」、神式の場合は「御神前」「御玉串料」などと書くのがマナーです。
また仏式であっても四十九日以降は「御仏前」と書くようになりますのでご注意ください。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP