焼香では

お通夜やお葬式に出席した場合、ご焼香をどうやれば良いのか?迷ったことはありませんか?案外わかっているようでわからないのがご焼香のマナーです。
近年のお葬式は葬儀会社が取り仕切るケースが多く、葬儀の前に葬儀会社の人から今日の葬儀の流れについて説明を受けるのが一般的です。
特に出席者が多い場合はご焼香だけで何時間もかかりますので、事前説明をよく聞くことが大切です。
ご焼香の基本的なマナーは、まず仏様、親族、出席者に礼をしてから抹香(まっこう)を手に取り、火のある香炉に移します。
この移す回数などが宗派、地域などによって異なります。
特に地域差が多いようです。
葬儀は基本的には気持ちの問題ですので、マナーをそれほど気にする必要はありません。
心配な方は喪主や周りの人の方法を真似るのが無難です。
ご焼香の方法が異なっていたからといって即マナー違反になることはありませんのでご安心ください。
慌てず心から仏様に気持ちを伝えようとする意識が何よりも大切です。
特に出席者が多い場合はなるべく早めに済ませるようにするのが一番のマナーと言えます。
なお神式やキリスト教式の場合はご焼香の代わりに玉串やお花を手向けるケースが一般的です。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP