箸の扱い方

食事は生活の一部ですが、他人と食事を共にする際には相応のマナーがあります。
特に日本食に関して重要なのは箸の扱い方です。
もちろん明確な決まりではありませんが、食事のマナーは、相手の気分を害さないことが基本になります。
時に地域によって食事のマナーが異なるケースもありますが、お互いを尊重する!ということが原則です。
ちなみにお箸のマナー違反としてありがちなのは、食器の上に箸を渡して置いてしまう「渡し箸」です。
これは食事が終わったことを意味しています。
また食器を箸で動かす「寄せ箸」も最悪なマナー違反の部類です。
そして滑りやすいものであっても、食べ物を刺す「刺し箸」は避けたいものです。
当然ですがお茶碗のご飯に箸を突き刺す「立て箸」は死者に供えるケースなのでご法度です。
なお食べ方ではなく、食事中に箸を使って人や物を指す「指し箸」は失礼に値し、接待などでは相手が激怒して帰ってしまうことにもなりかねないので注意しましょう。
しかしついついやってしまう箸の使い方には、ご飯などをかきこむ「かきこみ箸」、味噌汁などを箸でかき回す「探り箸」などがありますが、人によって不快な印象や侮辱を与えることになるようです。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP