結婚祝いでは

世の中には様々なマナーがあります。
知っておく事で「マナーのある人」と思われるだけではなく、相手に失礼を与えませんので、そのためにもマナーを覚えてこうのは大事です。
そんなマナー、とにかく様々なシチュエーションで設定されているものですが、結婚祝いにもマナーがあります。
結婚祝いのマナーは実は細かく設定されているのです。
新郎新婦と自分の距離によって値段が変わってくるのですが、兄弟姉妹、親であれば10万円が相場と言われています。
友人や知人、同僚などであれば2万円から3万円と言われています。
もちろんこれはあくまでも目安ですし、結婚式に参加するかしないかによっても異なってくるものです。
また、割り切れる数字にならないよう配慮する事も大事と言われていますが、2は「ペア」を意味する事から、良い数字とも言われています。
また、品物を贈る際にもガラスや刃物は控えましょう。
これは危険という事ではなく、割れたり切ったりといった事が起きる縁起の悪いものと思われているからです。

このように、結婚祝いのマナーは「二人の縁を傷つけない事」が根底に考えられている事が多いため、数あるマナーの中でも独特なものとなっています。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP