葬式では

冠婚葬祭はマナーが気になるので出席するのが億劫になるものです。
特に葬式は笑顔を振りまくわけにもいかず、義理で出席する場合ならば知っている人も少なく、なおさら憂鬱になりがちです。
葬式には服装、香典袋の種類や包む金額、焼香の方法など様々なマナーがありますが、大切なことは葬式に参加する気持ちです。
死者を弔う気持ちが優先されるべきなので、変にマナーに拘る必要はありません。
日本人の葬式は亡くなられた方の宗教や地域の習慣などが大きく関係してきます。
特に地方の場合は地域差が大きいようなので一般的なマナーに囚われることなく、わからない時は知っている人に尋ねるのが一番です。
知っている人がいない場合は、服装ならば黒の礼服で光物は避ける、香典袋は「御霊前」で結び切りの水引、金額は3000円か5000円を持参して開始の10分前程度に駆けつけるのが無難です。
近年の葬式は葬儀会社の人が仕切るケースが多いので、その人たちの事前説明を聞きましょう。
そして場の空気を読み、周りの人と合わせることが一番のマナーです。
ご焼香の方法などわからないことがあれば葬儀会社の人に尋ねるのが一番です。
また喪主や前の人の行動を真似するのも方法です。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP