連れ子同士の夫婦が離婚

子供がいる場合の離婚では、夫婦のどちらかが親権者になる必要がありますし、連れ子同士の再婚と言う事もよくあります。
特に、連れ子同士の夫婦が、また離婚するという場合には、連れ子をどのように育てるかと言う事に、離婚調停の重点が置かれます。
基本的には、連れ子同士の離婚の場合には、連れ子の親が、それぞれの連れ子を養育するのが一番です。
この場合には、養育費がお互いに出ないという可能性が高いのですが、すぐに離婚したいという場合には、その方法が一番自然だと言えるでしょう。
ただ、問題は連れ子同士の間に出来た子供や、相手の連れ子を養子にする場合です。
夫婦間で出来た新しい子供は、夫婦が離婚しても、両方が養育費を出す必要がありますが、相手の連れ子を養子にする場合には、基本的に養子に取った側が養育費を支払います。
もちろん、相手に養育費を請求する事も可能ですが、子供を養子に出してしまう親が、その先もずっと、子供の養育費を支払い続ける可能性は低いと言えるでしょう。
また、実子と養子を同じように育てるには、かなりの覚悟と費用、愛情が必要ですから、養子に取るにしても、十分考えてから決断した方が良いそうです。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP