不倫の慰謝料時効

不倫した配偶者、あるいは不倫相手に対して慰謝料を請求する場合には、時効があります。
まず、慰謝料がとれる場合は、単なる浮気・不倫ではなく、不貞行為があった場合です。
不貞行為とは、継続的な肉体関係を伴なう浮気です。
そしてその不貞行為は、法で定められたやってはいけない行為なので、『不法行為』にあたります。
ここで、『不法行為』の時効は、事実を知ってから3年、あるいは事実から20年です。
浮気してると気付いていながら3年放置していると、もう慰謝料の請求はできないわけですね。 あまり忍耐強く我慢しているのも問題なのかもしれません。
また、一度「慰謝料はいらない」と言ってしまうと、そこで示談が成立しているとみなされ、あらたに慰謝料を請求することはできなくなります。
例えば、慰謝料を請求せずに円満離婚をして、その後不貞行為の事実を知っても、もう慰謝料を請求することは困難であるということです。
女性に特に多いのですが、浮気を知った段階で頭に血がのぼってしまって、勢いで「離婚してやる」「慰謝料なんかいらないわよっ!」などと叫んでしまうと、不貞行為の事実関係を調べるのも困難になるし、示談成立ととられて本当に慰謝料をとれなかったりもします。 ご注意を。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP