不倫の慰謝料請求

配偶者が不倫をしていたら、あなたはどうしますか。 問いただして、許すかもしれません。
許せなくて、離婚と同時に慰謝料を請求しようと思うかもしれません。
あるいは、配偶者は許し、不倫相手から慰謝料をもらうかもしれませんね。
もしも慰謝料請求をしてやろうと考えているのであれば、本当に慰謝料が請求できるかどうか、離婚前によく吟味すべきです。 というのも、配偶者が不倫した、というだけでは慰謝料をもらうことができないからです。
不倫ではなくて、それが不貞行為であったことを立証しなければなりません。
不貞行為とはすなわち、継続して肉体関係を結んでいたということ。 実際の行為の写真までは必要ないけれど、例えばラブホテルに入っていく瞬間をおさえるとか、そういった領収書を入手するとか、不貞行為であったという証拠が必要なのです。 刑事裁判ではないので、証拠がなければ請求できないというものではありません。
ただし、「そんな事実はなかった」と配偶者に言い逃れられてしまえば、それ以上はどうにもならず、それ以降に事実関係を立証しようとするのはまず不可能になってしまいます。
ですから、慰謝料請求を考えるのであれば、慎重に行動し、証拠を集めなければならないのです。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP