不貞行為の意味

不倫とは、結婚している人が浮気をすることを指します。 では、「不貞行為」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。
これは、法律に記載されている言葉で、離婚や慰謝料の根拠になる事柄で、肉体関係を伴う継続的な浮気を指します。
つまり、単純に不倫をしただけでは、離婚や慰謝料の理由にはならないということ。
キャバクラのお姉ちゃんと旦那がキスしたって、それは不貞行為ではないのです。
もちろん、浮気ではありますけどね。
不倫と呼べるかどうかも怪しいところ。 例えば、旦那が仲の良い女友達と二人で遊びに行ったって、あくまでお友達で、肉体関係がないのならば、それは不貞行為としては認められず、離婚の理由にも、もちろん慰謝料を請求することもできません。
風俗に通う旦那も同じです。 特定の女性と継続して関係を持っているわけではないので、不貞行為ではないのです。
ただ、どちらの例にしても、妻が精神的苦痛を訴え、再三の話し合いがあったのに旦那がやめないというのであれば、離婚の理由としては認められます。
しかし、やはり不貞行為ではないのです。 もし、離婚や慰謝料請求を考えるのであれば、この辺りのことを正しく知っている必要があるでしょう。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP