一級建築士が受けるケース

様々な立場の人が懲戒処分を受けていますが、一級建築士でも懲戒処分を受けるケースがあります。
これは、一級建築士ならではなものではあるのですが、一級建築士という事は設計で大きな責任を背負っています。
その際、例えば世間を揺るがせた耐震偽装などの問題が生じてしまったら、これは懲戒処分を受けるでしょう。
耐震偽装のおかげで多くの人の生命が脅かされてしまう可能性もあるのです。
それを考えた時、耐震偽装は懲戒処分を受けて当然の行為でしょう。
一級建築士は誰でも簡単になれるものではありません。
一級建築士になるためには多大な努力を行った事でしょう。そこで一級建築士になれるのです。
そのため、責任感も並ではないのですが、だからこそ、人一倍モラルが問われる部分もあるでしょう。
一級建築士の指示で他の人が仕事を行うのです。
ともすると「首謀者」になりかねないのですから、耐震偽装などの問題が生じてしまった場合、懲戒処分を受けるのも当然でしょう。
懲戒処分を受けたい人などいないでしょうが、時にやむを得ず受ける事になってしまうケースもあるでしょうが、一級建築士は多くの人の生命を巻き込んでしまう可能性もあるのですから、懲戒処分を受ける事があっても仕方ないでしょう。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP