経済上の損失

懲戒処分には様々な形がありますが、経済上の損失で懲戒処分を受ける事はあるのでしょうか。
これは難しい判断です。適正な行動の範囲内で経済上の損失を与えてしまったケースであれば、懲戒処分をもらう事はないでしょう。
上司の指示、あるいは企業・団体として普通の事を行っていたのに、その時に限って経済上の損失を出してしまった…という場合であれば懲戒処分は重過ぎるでしょう。しかし周囲の意見を聞かずに独断で行動して損失を出してしまったり、モラルやルールを破った行為でさらには経済上の損失まで出してしまった場合には懲戒処分を受ける事もあるでしょう。
懲戒処分は利益云々ではなく、モラルやルールといった倫理の部分が問われる事の方が多いでしょう。
会社組織である以上、経済的な損失を出してしまう可能性は常にあるのです。
必ず儲かる事などないのですから。
ですので、経済上の損失を出してしまう事よりも、どのような行動で出してしまったのかが問われるでしょう。
誰の言う事も聞かずに独断で損失を出してしまったり、モラルやルールを無視した挙句に経済上の損失まで出してしまった…。
そのような場合は懲戒処分を受けても仕方ないでしょう。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP