船舶における処分

懲戒処分は様々なシチュエーションに用意されているでしょうが、意外なところにもあります。
それは船舶です。船舶における懲戒処分も実はしっかりと規定されているのです。
船舶の場合、当然ですが海を舞台にしていますので、生命の危機と隣り合わせと言っても過言ではありません。
そのため、船長の責任がとても大きいのです。船長の判断ミスのおかげで大惨事を招いてしまう…という事もありますので、船舶においても懲戒処分は存在するのです。船の中で一番偉い、それが船長です。何かを決めたり判断するのも船長です。それだけ責任を背負っているのですから、もしも何かを起こしてしまった際には懲戒処分を受けるのもやむをえないでしょう。
もちろん、極普通に、無難に任務を遂行すれば懲戒処分を受けるような事はまず無いでしょう。
しかしもしも何かが起こってしまった場合や、船員が生命を脅かされてしまった時などは懲戒処分の対象になってしまうでしょう。
責任が重くて船長も大変でしょうが、海の上はそれだけ危険だという事です。
一瞬気を抜いただけで大惨事に…といったケースも決して珍しくないのですから。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP