解雇の制限て何?

仕事上で何かをしてしまった場合懲戒処分を受ける事もあるでしょう。
懲戒処分と言っても様々なものがあるのですが、これを受けるのは仕事でのミスではなく、マナー違反などによるものが多いでしょう。
例えば犯罪行為に及んでしまった場合。このような場合、職場で懲戒処分を受けてもおかしくはないでしょう。
また、仕事のミスもただミスをするのではなく、例えば業務上横領のような、犯罪行為で会社に著しい損失を与えた場合も懲戒処分を受けるでしょう。
最近では飲酒運転などでトラブルを起こし、職場で懲戒処分を受けるケースも目立ちます。
会社としても、従業員として雇ってはいるものの、会社が不利益を被るような存在を在籍させておくのはリスクを伴います。
社の評判を下げてしまう事にもなるでしょう。
そのため、そのような人間には懲戒処分を課すものなのです。
もちろん解雇もあります。解雇の制限は法律ではなく、就業規則に拠りますから、会社の判断で解雇にする事も出来るのです。
会社は学校ではありません。「みんなで楽しく」ではなく、利益を追求する場です。
ですが、同時に社会的な責任も有しますので、その点を履き違えてしまわないよう、気を付けなければならないでしょう。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP