諭旨免職とは

懲戒処分には様々な種類があるのですが、その中でも量刑として考えると軽いものではあるものの、ある意味で一番残酷なものと言えるのが諭旨免職なのかもしれません。
諭旨免職は、自発的な退社を促すものです。
通常の懲戒処分の場合、罰則を指示され、それを遂行する事になります。
停職であれば言い渡された期間停職する事になります。
自分で判断するのではなく、言われた通りにするのが懲戒処分です。
しかし諭旨免職は違います。諭旨免職はあくまでも自発的に辞めるよう促すものなのです。
これは「解雇した」事実を残したくない組織側の思惑もあるでしょう。
更に、履歴上は諭旨免職は「自主退社」になりますので、退職金をもらう事も出来ます。
おかげで一時期話題になったのは記憶に新しいのではないでしょうか。
甘い処分と言えば甘い処分なのかもしれませんが、大抵は組織側が紛糾されないがための方法ですので、自発的に辞めなければならなくなってしまうのです。
退職金が出るとは言え、辞めなければならないのですから仕事に愛着を持っている人にとっては手痛いでしょうが、諭旨免職になってしまうような事を起こしてしまうのが大きな問題でもあるでしょう。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP