マナーとは

普段縁がないだけに、いざという時にできないのがテーブルマナー。

あなたのテーブルマナーは間違っていませんか?
意外と知らないのが、ナプキンのマナー。

フランス料理などでは、お皿の上にナプキンが置いてある場合が多いですね。

料理が運ばれる直前にとって広げ、二つ折りにして、輪が自分の身体の方にくるように膝の上に置くのが正解。

ずっと膝の上に置いておくわけではなくて、ナプキンで口元を拭いたりもします。

中座するなら椅子の上に、食事を終了するのならテーブルの上に置きましょう。
ナイフやフォークは、外側から順に使えば大丈夫。

途中でシルバーを置く時には、皿の上に八の字に置きます。

これは、「まだ食べるから下げないでね」という合図。

ナイフとフォークを平行に揃えて置くと、「もう下げてください」の意味になるので気をつけましょう。
意外と知らないのが、スープの飲み方。

スプーンを使うのならば、日本での習慣とは逆で手前から奥へと動かすのが正解。

食器を傾ける時も、手前をすこし持ち上げます。

お皿に持ち手のあるものは口をつけて飲んでも構いません。
全部知っていましたか?
だいたいこのくらいを知っていれば、焦ることなく食事を楽しめますから、ぜひ覚えておいてくださいね。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP